2013年07月17日

あめあめあめ しきりにふるあめ

不鮮明なエッジ
梅雨空の下
とっさに伸ばされた腕が
何かにぶつかっては音を立て
夥しい波紋を残しては消え
かき消えては現れる痕跡

山が川が町が誰かが
小さく吐き出した息のひとつひとつ
打ちつけるものと
打たれるものとが立ち上げる
湿った気配
世界は白く煙っている
早すぎる循環に戸惑って
彷徨っている

近すぎては見えないけれど
そこらじゅうにそれはあって
そこに僕達はいて
遠く離れるほど霞む輪郭をなぞっては

それを

くぐり抜けて行くよりなかった
しきりにふるあめのなかを
あめあめあめ


【自由詩の最新記事】
posted by かな at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自由詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369530993
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
copyright(c)かな all rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。