2012年01月02日

挨拶


あふれてもあふれても
いっぱいにならない
渦を巻いて流れていく
今日一日の過剰なるもの
それなのに埋まらない穴

壁に真新しいカレンダー
郵便受けに写真入りの葉書
いつの間にか降り積もった雪
身構えても身構えずとも
音のないメトロノーム
時計の針は進む

昨日には明日の領域だった時を
鈍感に受け入れては
そしてあふれ
あふれさせて
満ち足りずに
満ちていることに満ち足りずに

越えてきた毎日を悔やまぬため
通り過ぎたものに捕らわれぬため
そのために言葉は
こんこんと湧き
人知れず流れて
あなたに
こんにちは、と言った。


posted by かな at 17:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 自由詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪融ける 想いと時に 手酌酒
Posted by Rai at 2012年02月06日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243873311
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
copyright(c)かな all rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。