2010年07月21日

夏の夕景


落ちてくる陽に
熱せられ帰って行く背中
朱く熱を帯びた町並みに
溶け混じって消えていく
長く伸びる影さえ
つかまえてはおけない
背中を見ているようでは
同じ角を曲がれない
つなごう手を
夕暮れに染まろう
聞こえていた
蝉の鳴き声より
もっと高く

胸を打つ景色よりも
深く染み込んだ朱
沈まない陽になって
いつまでも照らしている


posted by かな at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自由詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157027639
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
copyright(c)かな all rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。