2010年07月20日

そのとき


窮屈なカラダを抜け出して
自由になる
時間という枠を超え
全ての執着を突き破って

ここからは窺えぬ
誰も知らないところ
そして誰もが行くところへ

生まれたのだ


posted by かな at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 八行詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156915871
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
copyright(c)かな all rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。